あなたの選んだ引越し業者の見積価格は、一番安いと断言できますか?

・もう少し引越し料金が安くなれば助かる
・これから見積を取ろうと思っている  ・・・という方

見積もり申込み前に、
引越し業者の営業マンが絶対に知られたくない

⇒「引越し料金が確実に数万円安くなる裏技

は読んでおいた方が良いですよ!

引っ越し見積もりは最低4社から

投稿日:

引っ越し件数の多い時期はどうしても料金が高くなりがちなだけに少しでも出費は抑えたいところ。

まず、一番始めに必要になるのが引っ越し業者の手配ですが、後になって後悔しないためにも、引越し業者選びは慎重に行う必要があります。そこで、納得の料金で満足いく引越しをするために、引越し業者選びの重要なポイントを伝授しましょう。

比較対象を明確にするためにも、見積りは可能な限り多くの業者へ依頼すること。多ければ多いほど良いのですが、最低でも4社程度は見積りを取ってください。そしてその4社はなるべく様々な視点から選ぶこと。

例えば、大手の引越し業者、地元密着型の引越し業者、低料金で定評のある引越し業者から1、2社ずつ選ぶのです。それぞれ特徴の異なる業者から見積もりを取ることにより、だいたいの相場がよりハッキリと分かるはずです。

複数社からの見積もり後はさらなる価格交渉が必要!

各社の見積もりを比較検討した後、最も納得かつ信頼できる1社を決定し、さらなる価格交渉に挑みましょう。

「え? 決定したあとまだ交渉するの?」って思った方、見積り時の提示額のみで満足するのは早いですよ。交渉次第ではまだまだ価格が下がる可能性はあるのです。平日か休日かによっても料金は違いますし、不要なサービスは一切断るなどすれば、提示された料金より数万円も安く抑えることができる場合もあるのです。業者を決定してからが本格的な価格交渉のスタートと考えても良いでしょう。

引越しプランには様々な種類がありますので、自分の条件の優先順位を明確にしておくことも必要です。運搬も梱包も安全第一で丁寧にお願いしたい、とにかく低料金で済ませたいなど、引越しに求める条件は各々違います。自分に必要なサービスと不要なサービスをしっかりと見極め、自分の希望する条件にピッタリ合ったプランを賢く選択することが大切です。

また、梱包は業者に任せず自分で行うようにすれば、その分の料金を抑えることが可能です。梱包を依頼するにしても、全て任せるのではなく、早めに荷物の整理を始めて、季節外れのものや普段使わないものから少しずつ梱包を始めるなど、出来るところまでは自分で行うようにすれば、節約に繋げることができるでしょう。

更に、単身世帯の場合、荷物の量にもよりますが、、軽トラを借りて自分で荷物を運んだり、宅配便を利用するなどをした方が、引越し業者を使うよりも安上がりになることも多いので、引越しの際に業者に依頼した方が良いのかどうか、よく検討することをおススメします。

-引越しの準備

Copyright© 引越し費用が一番安い&作業が丁寧な業者の選び方!2つのポイントが【超重要】 , 2020 AllRights Reserved.