あなたの選んだ引越し業者の見積価格は、一番安いと断言できますか?

・もう少し引越し料金が安くなれば助かる
・これから見積を取ろうと思っている  ・・・という方

見積もり申込み前に、
引越し業者の営業マンが絶対に知られたくない

⇒「引越し料金が確実に数万円安くなる裏技

は読んでおいた方が良いですよ!

賃貸契約書を確認して予告日に注意!退去日の事前通知は忘れずに!

投稿日:

賃貸にお住まいの場合、新しい部屋へ引越すには、家主との契約の解除が必要になります。

これまで住んでいた部屋を退去する際、家主との間で起こりがちなのが、敷金の返金に絡むものや部屋の修理代、クリーニング代などの請求といった、いわゆる「退去トラブル」です。

幾つかのトラブル中でも20~30歳台の若い世代に際立って多いのが、『(家主への)退去日の通知』に関することです。

引越し(賃貸契約の解除)をする際は、借主は、契約書に記載された“退去予告期限”までに家主(或いは管理会社(貸主))へ退去日を事前に通告する必要があるのですが、これを「知らない」という方がかなり多いのです。

「今日連絡すれば明日には解約できる」などと思っている人がたま~にいるようですが・・・、無理です・・・。

引っ越しを決めたら、まずは契約書を見て『退去や解約予告の通知日』を確認し、それから引越し準備に取り掛かりましょう。

住居の場合、事前通告は通常『退去の1ヶ月前まで』ですが、契約書によっては“月の途中での解約は認めない”などと記載がある場合もありますので注意が必要です。

例えば、6月5日に退去する場合、上記のような契約では6月30日までの家賃、つまり1ヶ月分、より余分な家賃が発生してしまうことになるのです。

これは非常にもったいないですので、まずはご自分の契約書の『解約予告の通知日』を確認し、それから引っ越しプランを立てるようにしましょう。

また、契約書に『6ヶ月以上前に通知をすること』というような記載があった場合は、「消費者契約法」に違反している場合もありますので、「消費生活センター」に問い合わせるなど、対処をしてください。

賃貸契約の際には、『(家主への)退去日の通知』をシッカリ確認しておくことを忘れないようにしましょうね。

-賃貸物件の退去手続き

Copyright© 引越し費用が一番安い&作業が丁寧な業者の選び方!2つのポイントが【超重要】 , 2020 AllRights Reserved.