あなたの選んだ引越し業者の見積価格は、一番安いと断言できますか?

・もう少し引越し料金が安くなれば助かる
・これから見積を取ろうと思っている  ・・・という方

見積もり申込み前に、
引越し業者の営業マンが絶対に知られたくない

⇒「引越し料金が確実に数万円安くなる裏技

は読んでおいた方が良いですよ!

賃貸の入居審査で必要な連帯保証人は誰でも良い?

投稿日:

入居審査を行う上で大家さんと管理会社は契約者本人と同じくらい連帯保証人という部分を重要視しているものです。

保証人が直接住む訳ではないですし、もしかたら話すこともないであろう連帯保証人をなぜそこまで重要視するのでしょう。

それは家賃の滞納時などに保証人が深く関係してくるからです。

通常、毎月の家賃を納めるのは入居者本人です。しかし場合によっては振り込みが滞ってしまったり、突然の解雇によって支払不能になってしまったりします。

そんな時に契約者に代わり家賃、その他の必要なお金を払う義務が生じるのが連帯保証人な訳です。ですから連帯保証人の欄に記載されている本人に了承がとれているのか、職業、収入に間違い、記入漏れがないかなどを慎重に調べるのです。

この連帯保証人を立てるという決まりは法律で認定されていることではありません。ですから保証人の会社名や年収を記載しなくてもいいという物件はありますし、そもそも連帯保証人を立てないという契約で住める物件も最近では多いです。

もちろん、保証人を立てない場合はそれなりの金額を最初に払い込んだりといった注意事項はあるでしょう。ですが、どうしても保証人がいないという方は不動産会社に相談すればそういった内容の物件を紹介してくれることと思いますよ。

連帯保証人になれる条件

では連帯保証人というのは誰でもいいものなのか?

一応自分との属性にも色々な規定があります。契約書の親が保証人になってくれるならそれが一番良いでしょう。

それが駄目なら兄弟、親族、上司、同僚、友人、知人といった順番に審査に通る可能性も下がってきます。

まあ、友人知人はもちろん、上司や同僚も血族ではないのできちんと肩代わりしてくれるかどうかと言えば遠縁であっても親戚の方が賢明でしょう。仲介業者や大家さんも友人知人では、無いよりは良いですが、保証人として的確ではないと考えているところも多くあります。

どうしても無理という訳でないのらご両親に頼むのがベストだと思いますよ。

-賃貸入居審査

Copyright© 引越し費用が一番安い&作業が丁寧な業者の選び方!2つのポイントが【超重要】 , 2020 AllRights Reserved.